ファーストフード

手早く満足な「ダブルチーズバーガーセット」

午前中に糸島で1件仕事が終わったものの、午後の博多での仕事までの時間は移動時間に余裕を考慮するとあまりない状況だった。

せっかく糸島に来たのだから、糸島らしいお店で食事をしたいと思っていたが、「うるしカレー」や「角屋」に行くには、駐車場が見つからなかった。

仕方なく202号線を福岡市内方向に車を走らせていると、マクドナルドの前を通過した。

そのまましばらく走り、ラーメン屋さんやうどん屋さんを見ながらも通過していたが、どうしてもさっきのマクドナルドが忘れられない。

あのフライドポテトの塩味やサクサクのポテトの感触、チーズバーガーのチーズの匂いやピクルスの味が鼻の前あたりでウロウロしていた。

これは自分自身が「食べたいんだな?」というサインのように感じた。

Uターンして、先ほど通り過ぎたマクドナルドに引き返すも、随分と長い距離を戻ったように思う。

マクドナルドのある駐車場に車を止めて、iPhone のマクドナルドアプリを開き、どのメニューが選べるのか確認する。

現在発売中の新たなメニューがあるが、今日はやっぱり「ダブルチーズバーガー」だろうと心に決めて店に入った。

カウンターには1名のお客さんが注文していて、他のレジは空いていなかったので、店内を眺めながらしばらく待っていると、声をかけられレジに向かう。いつの間にか前のお客さんはいなくなっていた。

「ダブルチーズバーガー」のセットを注文し、ドリンクは「ファンタグレープ」にした。

「店内でお召し上がりですか?」と聞かれ、「はい」と答えると、番号の書かれたプレートを渡されて、席を探してプレートを置いた。

トイレに手を洗いに行って戻ってくると、プレートの代わりに「ダブルチーズバーガーセット」が置いてあった。

まずは、フライドポテトから1本をつまんで口に入れる。

「どうやったら毎回同じ程度の塩味になるんだろう」と不思議に思いながら、無心でフライドポテトを食べる。

ふと気づき「そういえばファンタグレープもチーズバーガーもあるんだ」と、ファンタを一口飲む。

「ダブルチーズバーガー」を手に取り、包みを開く。

ダブルチーズバーガーの側面から、かぶりつく。

上のパンズから、2枚の肉とチーズ、そして下のパンズが一式で口の中に入り、モグモグと食べる。

期待したマクドナルドのチーズと肉の匂いが現実のものとなった瞬間だった。

明日香のきくらげチャンポン前のページ

「伝伝」の日替り定食は「豚味噌定食」次のページ

関連記事

  1. ファーストフード

    味はファミレス以上?! 松屋の実力!

    出先で夜にまで仕事が長引くことがあり、近くの「松屋」で食事する機会が…

  2. ファーストフード

    吉野家の牛丼は味がかわった?

    もうかなり前の話ですが、吉野家の牛丼が大好きだったのに、味が変わって…

  3. ファーストフード

    ラムネ好きには外せない「ラムネシェイク」

    私はオッサンだけど、お菓子のラムネは常備していて、いつでも食べられる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 調理器具

    「塩つぼ」は味がまろやかになる?
  2. ごはんが売りの焼き肉屋「野間焼肉ひげん」
  3. お弁当

    定番のお弁当(のり弁)
  4. 調理器具

    バーミキュラの鍋
  5. スイーツ

    うきは市のどら焼き屋さんキチココ
PAGE TOP