うどん

うどんとは思えないインパクトの「辛スタうどん」

時々、思い出すと食べたくなるこのうどん、「辛スタうどん」という。

一度、食べてからというもの、このうどん屋には何度も訪問し、何度もこの「辛スタうどん」を食べてきた。

今回も頭にフッと浮かんだ「辛スタうどん」を食べずにはいられなかった。

福岡から車を走らせ、福重から西九州自動車道、その先の二丈浜玉道路に乗る。

私の頭にあるのは、汗をかきつつ食べた辛いうどんの「辛スタうどん」であった。

このうどんを食べられるのは唐津市の「大助うどん唐津店」である。

店は交差点の角にあり、駐車場も店の横に数台がとめられる。

車を降りて、店ののれんをくぐり引き戸をあける。カラカラカラ~。

中から「いらっしゃいませ~」と声が聞こえ、「何名様ですか~」と。

人数を伝えると席に案内された。

メニューを開くが、心は決まっている。

「辛スタうどん」だ。

でも、今日は少しお腹が減っている。

ご飯ものも追加しようかと「辛スタうどんと、いなりをひとつ」と伝えると

「すみません、いなりが切れていまして。。。」と、ああ残念。。。

「おにぎりならあります」と促され、一旦はおにぎりを注文するも、

「おにぎりをやめて、揚げもちをお願いできますか?」と「はーい」返事が来た。

しばらくすると、うどんとは思えない見た目の「辛スタうどん+揚げもち」が運ばれてきた。

スープは唐辛子色に染まっている。

ニラと肉、そして追加トッピングした不釣り合いな「揚げもち」が入っている。

まずはスープをすする。

もう1回。もう1回と繰り返していると、突然来た「辛っ!」

麺をすくいすする。

肉を食べ、麺をすすり、ニラも食べた。

もち天も食べてみよう。

辛スタスープに絡んだ「揚げもち」だが、スープの中に漬かっていたのにダラッとしていない餅は、しっかりとモチモチしている。

スープとも上手に絡んでいる。

気が付くと麺も食べ終わっていた。

ここからスープと私の戦いだった。

高血圧の私が飲んではいけない(たぶん)スープと飲みたい私。

本当にやめられなかった。。。うまいスープだ。

ジョアの定番「マスカット」味前のページ

お昼のジョア次のページ

関連記事

  1. うどん

    立花うどんの「肉ごぼう天うどん」

    この日は、娘家族と一緒に遅めの昼食をとるということで、立花うどん久留…

  2. うどん

    「練り込みうどん 権」の迫力ある盛り付け

    食べたいメニューの下調べなしに訪問したこともあり、何を注文するか席に…

  3. うどん

    色が特徴の「よもぎうどん」

    数年前に食べたきり、久しぶりの訪問だった。我が家で「うどん情…

  4. うどん

    うどん屋「春夏秋冬」で「後載せ茶漬け定食」を頂きました

    お店の名前の「春夏秋冬」のように4種のうどんがありますが、季節によっ…

  5. うどん

    マカロニサラダが付いてくるうどん屋さん(桐の家)

    国道3号線を大宰府あたりから延々と南下してみた。若いころは高…

  6. うどん

    評価の高い激安うどん店(大力茶屋)

    ちょうど柳川の近くにいたが、またも「うどん」を食べたくて、近くのうど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 家庭料理

    おうちごはん(簡単ポトフ)
  2. お弁当

    たまには違った弁当を食べたい。
  3. 定食

    生まれ変わった「DENDEN」は裏メニューのオムライスがメニュー化!!!
  4. 未分類

    ジョアの定番「マスカット」味
  5. パン

    甘い誘惑(くるみもっちりあんぱん)
PAGE TOP